10年前にクレジットカードと借り入れで債務整理を行った体験談

私は10年程前に自己破産を経験しました。当時は28歳、独身でした。

その前の10年間で少額ながらも少しずつ生活費や海外旅行の足しにクレジットカードのキャッシングなどを利用していました。

でもその額はみるみる内に膨らんで、当時キャッシングや消費者金融からの借り入れで借金は総額400万円以上になっていました。

それまでは何とかやり繰りして借りては返すを繰り返していたのですが、利子も膨れ上がってしまって返しても返してもいつまでも続く返済に途方に暮れてしまっていました。

絶望的な気持ちと、いつも借金の事が頭から離れずにいました。もう何とか借金生活から抜け出したい、一度全ての借金を返済したいと思い親に相談することにしたのです。

もちろん親は愕然としていましたが、全額立て替える程のお金はないと言われてしまいました。当然の事だと思います。

そして色々と悩み考えた末、弁護士さんに相談して自己破産の手続きをしてもらうことにしました。

相談に行った初日に現状をお話すると、まず自己破産申し立てをするので全ての取り立てがなくなります、と言われ本当にほっとしたのを覚えています。

一日でも返済が遅れると物凄い電話が掛かってきてとても怖かったからです。

また、今入っている銀行の預金を全て引き出してください、とも言われました。口座が凍結され引き出しが出来なくなるからとの事でした。

そして今までの銀行口座はもう使えないから、と言われ会社に新しく作った口座を申請し直したのを覚えています。

その後の手続きは全て弁護士さんにお任せしていたのですが、書類作成の為に何度も何度も電話でのやり取りが続きました。

その後裁判所に3度程訪れ、弁護士さんのサポートのもと大体1年半程で自己破産が成立したと思います。

成立するまでの間はどうなるかとても心配していましたが、自己破産をして良かったと思っています。

月々の返済が弁護士費用の1万5千円のみになった時に初めて、これで生活が立て直せると思いました。少額ですが貯金も出来るようになりました。

その弁護士費用も1年半程で完済することが出来ました。

自己破産後7年程はローンを組んだり、クレジットカードを作ることは出来ないと聞いていましたが、あれから10年経っていますがまだクレジットカードを持ってはいません。やはりあの時の恐怖がまだあります。

今は家計の管理は夫に全て任せてあります。

私は自己破産という制度にとても助けられましたが、今後はお金に振り回されない生き方をしていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です