これだけは知っておきたい債務整理の基礎知識

ローンを組む場合には、計画的な返済ができる人であれば問題ありませんが、計画的に考えることができない人や途中で予期せぬリストラなどが起こった場合にはローンを期限までに返済できないことがあります。期限まで返済することができずに滞納するとそのローンの返済額がじわじわと膨らんでいきます。

そこで、最悪の事態を避けるためには債務を減らす方法を利用する必要があります。債務を減らす方法のひとつに債務整理があります。この債務整理をすることで、債務が減少あるいは消滅するか、返済期間が延びるため債務が残っていたとしても払い易くなるというメリットがあります。通常、債務整理は弁護士などの専門家に代理で手続きをしてもらいます。では、債務整理の中身とはどのようになっているでしょうか。債務整理は大きく3つに分かれます。

一つ目は任意整理です。任意整理は3つの債務整理の中で唯一裁判所を利用せずに債務を減らすことができる方法になります。債務整理は、金利が法定利息を超えてる場合に将来的に法定利息分に抑えることで債務を減らすことができます。また、残った債務は返済期間を3年から5年延ばすことが可能になります。ここで「可能になる」としたのは、弁護士の腕次第でより債務者に有利になるような結果になることもありますし、逆の結果もあり得るのです。そういう意味では弁護士選びは大事になることがわかるでしょう。

二つ目は個人再生です。この方法は、裁判所を通して行われますので、複数の債務がある場合には特定の債務だけ減らすことはできずにすべての債務を減らすことになります。減額される額ですが、具体的な数字でいえば現在の債務の5分の1程度まで減らすことが可能です。しかも、その債務を3年から5年に掛けて返済する約束を債権者との間にすることができるのです。

3つ目は、自己破産です。自己破産は、上記の任意整理や個人再生と違い完全に債務を消滅させる方法になります。この裏を返せば、債権者はその債務者から債権を回収することができなくなるということです(連帯保証人がいればそこから回収することが可能)。債務者にとっては一見有利に感じますが、一定期間は資格を有する職業に就くことはできなくなるという制限があることも忘れてはいけません。

ギャンブルと借金と債務整理の関係について専門的な視点で解説

借金をしている場合、これは気を付けなければならない事が沢山在るといえます。それは、債権者との関係において、債務者である金銭の借り入れ利用者の信用が脅かされかねないということです。借金をするという事ですが、これは非常に重大な法律行為となっています。債権者ですが、債権回収をするために取り立てをしたり督促をする場合、債権者が消費者金融業者等であるときで貸金業に関する法令等で登録を得ている場合は強めの取立て行為等は好ましくないとされています。

債務が履行できなくなってしまった場合、債務者は法的整理をせざるを得なくなる事が在ります。法的整理ですが、自己破産が典型的となります。また、債務整理をした場合、債権者の申し出によって信用情報機関に債務者の情報がブラックリストに載る事になるといいます。自己破産といった法的整理であれば当然とされており、特に自己破産となれば、通信の秘密の制限や旅行等をする場合は必ず裁判所に連絡をしなければならなくなります。社会的な信用は無いものとみなされるので、国家資格の受験や法人等の役員になる事は一切できなくなります。

債務整理ですが、当事者間の話し合いによる任意整理の場合は信用情報機関等のブラックリスト等に債務者の情報が載る事は無さそうです。債務整理をしなければならなくなる場合を想定し、借金をする場合は事前に貸付をする人と相談し合って決定することはマナーでありルールとなっています。借金の要因はほとんどギャンブルではないかと考えています。パチンコ、パチスロ、競馬、これら確率的に勝てないのにやってしまって、負けてしまってからでは取り戻すことはできません。一度負けると腹が立ってきて、またやってしまうわけですが、いつまで経っても勝つのは難しそうです。もちろん、一時的には勝つことはあります。

お金がなくなるまでやってしまうから、お金が0になったら借りて、それをまたギャンブルに費やして0になるの繰り返しです。あげく多重債務に陥り、返済不能になり、司法書士に依頼するなどして、債務整理もしくは自己破産するほかなくなります。

ギャンブルに使ったお金を政務整理、自己破産できるのかどうか不明ですが、一度相談してみて、可能なかぎり借金をなくすようにしていかなければ、どうあっても返すのが困難なケースがあります。収入の範囲を大幅に超えてしまうと生活に支障をきたして、たちゆかなくなってしまうわけだから、放っておかずに対処するのが賢明です。