債務整理で借金を減らすことが出来る場合があります

債務整理とは膨らんでしまった借金を減らすことが出来る方法です。日本では借金に対する金利が定められています。しかしそれを守らずにお金を貸し出している業者が少なくありません。そうなってくると、借金が膨らんでしまい、返済不可能となってしまうことがあります。

実際に借金の返済が不可能になった場合は泣き寝入りをする必要はなく、債務整理を行うことでこれを回避することが出来るのです。過払い金を請求することも出来ます。しかし、自分自身でそれを行うことは出来ません。法律に関する専門的な知識が必要となるからです。

そうなので、弁護士に仕事を依頼する必要があります。弁護士に相談をして業者と交渉をしてもらうことになります。それによって過払い金が返還されることがあります。

また、最終手段として自己破産があります。これは借金が帳消しになる方法です。財産の保有に関して規制がかかることになります。ですが、借金を苦にして生活をしていくよりは良い方法と言えます。

実際にはこのような方が債務整理を体験されています。

 

友人の結婚式に呼ばれたのですが、手持ちのお金が全く無く、ご祝儀代を払うことが出来ないので、仕方なくキャッシングをすることにしました。

友人は、私が20歳代ではじめた飲食店の経営が良い時しか知らないために、飲食店をたたんだ今現在の自分は見せたくないので、つまらない見栄を張るために、ご祝儀は10万円も出すことにしました。

飲食店をやっていた頃の借金が500万円ほど残っていましたが、仕事には就いていましたので、キャッシングの契約をするのは大丈夫でした。

キャッシングで10万円だけを借りる予定でしたが、人間というのは、たくさん借りられるとなると欲が出るもので、上限が50万円の設定だったので、50万円を借りて、40万円は競馬などのギャンブルであっという間に消えてしまいました。

50万円の借金がさらにのこってしまいましたが、もともとの借金の返済もあって、給料の大半は返済に持っていかれました。

自由に使えるお金もないですし、お酒もタバコも一切できなくなりました。

食事も制約が出て、質素な食事にせざるを得ませんでした。

返済をして、また借入限度額に余裕が出来ると、借りてしまい、ギャンブルに興じることがありました。

そんな日々が続いて、一向に借金が減らなかったことに嫌気が差して、やっとギャンブルから足を洗い、なんとか借金を減らすことが出来ています。

お金が無いのは本当に苦しく、キャッシングは計画的に借りないと大変なことになると、心の底から思いました。

このように債務整理は人生を変える事もできるのです。