10年前にクレジットカードと借り入れで債務整理を行った体験談

私は10年程前に自己破産を経験しました。当時は28歳、独身でした。

その前の10年間で少額ながらも少しずつ生活費や海外旅行の足しにクレジットカードのキャッシングなどを利用していました。

でもその額はみるみる内に膨らんで、当時キャッシングや消費者金融からの借り入れで借金は総額400万円以上になっていました。

それまでは何とかやり繰りして借りては返すを繰り返していたのですが、利子も膨れ上がってしまって返しても返してもいつまでも続く返済に途方に暮れてしまっていました。

絶望的な気持ちと、いつも借金の事が頭から離れずにいました。もう何とか借金生活から抜け出したい、一度全ての借金を返済したいと思い親に相談することにしたのです。

もちろん親は愕然としていましたが、全額立て替える程のお金はないと言われてしまいました。当然の事だと思います。

そして色々と悩み考えた末、弁護士さんに相談して自己破産の手続きをしてもらうことにしました。

相談に行った初日に現状をお話すると、まず自己破産申し立てをするので全ての取り立てがなくなります、と言われ本当にほっとしたのを覚えています。

一日でも返済が遅れると物凄い電話が掛かってきてとても怖かったからです。

また、今入っている銀行の預金を全て引き出してください、とも言われました。口座が凍結され引き出しが出来なくなるからとの事でした。

そして今までの銀行口座はもう使えないから、と言われ会社に新しく作った口座を申請し直したのを覚えています。

その後の手続きは全て弁護士さんにお任せしていたのですが、書類作成の為に何度も何度も電話でのやり取りが続きました。

その後裁判所に3度程訪れ、弁護士さんのサポートのもと大体1年半程で自己破産が成立したと思います。

成立するまでの間はどうなるかとても心配していましたが、自己破産をして良かったと思っています。

月々の返済が弁護士費用の1万5千円のみになった時に初めて、これで生活が立て直せると思いました。少額ですが貯金も出来るようになりました。

その弁護士費用も1年半程で完済することが出来ました。

自己破産後7年程はローンを組んだり、クレジットカードを作ることは出来ないと聞いていましたが、あれから10年経っていますがまだクレジットカードを持ってはいません。やはりあの時の恐怖がまだあります。

今は家計の管理は夫に全て任せてあります。

私は自己破産という制度にとても助けられましたが、今後はお金に振り回されない生き方をしていきたいと思います。

私の借金事情。結婚してからやっと全額返済できました。

借金のきっかけは躁うつ病の発症でした。

仕事に就いてもなかなか続かず、そのうち抑うつ状態が長く続くようになり、ほぼ引きこもりのような状態になってしまいました。

働けなければ収入もないですし、当然光熱費や家賃も支払えません。

あちこちの金融機関をまわって7~10万円ほどの借金を数社から繰り返しました。

それからしばらくは生活費に困ることもなかったのですが、仕事ができない以上返済のめども立ちません。

次々に届く督促状に目を背けたままかなりの時間が経過してしまいました。

その後ご縁があって結婚することになりましたが、住所変更手続きや電話番号変更手続きが遅れてしまったために、支払い用紙が同封された督促状も手元に届かなくなり、再び病状が悪化したまま数年が経過してしまいました。

借金のことが気にならなかったわけではないのですが、旦那にもなかなか切り出すことができずにいました。

するとある日を境に、新居にも督促状が届くようになりました。

膨大に膨れ上がった利息と元本の返済請求を見て、旦那がこれはなんとかしなくてはいけないと弁護士にかけあってくれ、債務を一本化して元本のみ分割で支払うことで合意をいただき、月々の旦那の収入の中からいくらかを借金返済に充ててくれました。

今は私の病状もおさまってきたので、たまに短期のバイトをしながら全て借金返済に充てるようにしました。

借金をしてから10年以上たった今は、旦那のおかげもありスッキリ返済することができました。

本当に、あてのない借金は金輪際しないようにしたいと痛切に思い知らされました。

借金返済を分割して行っていた間は、外食や欲しいものも買えない窮屈な生活でしたが、全て私の責任だったのに、それに文句も言わずに協力してくれた旦那には頭が上がりません。

両親が借金問題で離婚しているのを目の前で見て「自分だけは借金するまい」と決めていたのに、自分の意志の弱さにもうんざりした時期もありましたが自己責任、自業自得という言葉が頭から離れず、とても後悔しました。

1社からの借り入れは数万単位であっても、複数社からの借り入れと利息で驚くほどの金額になっていたことに空恐ろしささえ覚えました。

身から出た錆とはいえ、安直な借金の借り入れはもう二度としないと心に誓いました。

借金の返済で首が回らない人の為の債務整理という選択肢

借金の返済などで首が回らなくなってしまった人の中には、債務整理について誤解をしている人が少なくありません。それは、債務整理=自己破産だと思い込んでいるようなケースです。自己破産とは債務整理の中の一つの方法です。ですから自己破産せずに債務整理を行うことは、十分に可能なのです。自己破産は、最後の手段と考えて良いでしょう。

たとえば債務整理の中には任意整理や個人再生などという方法もありますので、それを活用すれば大幅に返済の負担を軽減することも可能です。そうすれば、自己破産する必要も無くなるケースは多いでしょう。

このように債務整理の方法は色々ありますので、詳しいことは弁護士などの専門家に相談すると良いのです。もしも弁護士に債務整理を正式に依頼すれば、それだけで貸金業者からの直接の催促をストップさせることもできるのです。人によっては、それは大きなメリットとなることでしょう。少なくとも、自分一人で頭を抱えて悩んでいるよりは、借金問題解決に向けて確実に前進できるのです。借金は、誰にとっても苦しいものです。しかしその苦しみにも限度があります。もしも十分に限度の範囲内であるならば、返済も順調でしょうし問題ではありません。しかし限度ギリギリになってくると、だんだん苦しくて大変になってきます。ましてや限度を超えてしまうようでは、もう自力ではどうしようもなくなってしまうことでしょう。

そんな借金問題は、自分一人で抱え込んでいても埒があきません。それゆえ弁護士などの専門家に相談するのが一番です。相談すれば、きっと債務整理などの適切な解決案も提示してもらえます。そうすれば借金の苦しみから逃れることができるのです。

しかし借金を抱えて苦しんでいる人の中には、愚直に自分だけで苦しんでしまっている人は少なくありません。それは人生の悲劇です。最近では無料相談をしてくれる弁護士事務所も多くなってきていますので、一日も早く相談すべきです。借金問題は決して恥ずかしいことではありません。一人で破滅してしまうほうが恥ずかしいことです。

これだけは知っておきたい債務整理の基礎知識

ローンを組む場合には、計画的な返済ができる人であれば問題ありませんが、計画的に考えることができない人や途中で予期せぬリストラなどが起こった場合にはローンを期限までに返済できないことがあります。期限まで返済することができずに滞納するとそのローンの返済額がじわじわと膨らんでいきます。

そこで、最悪の事態を避けるためには債務を減らす方法を利用する必要があります。債務を減らす方法のひとつに債務整理があります。この債務整理をすることで、債務が減少あるいは消滅するか、返済期間が延びるため債務が残っていたとしても払い易くなるというメリットがあります。通常、債務整理は弁護士などの専門家に代理で手続きをしてもらいます。では、債務整理の中身とはどのようになっているでしょうか。債務整理は大きく3つに分かれます。

一つ目は任意整理です。任意整理は3つの債務整理の中で唯一裁判所を利用せずに債務を減らすことができる方法になります。債務整理は、金利が法定利息を超えてる場合に将来的に法定利息分に抑えることで債務を減らすことができます。また、残った債務は返済期間を3年から5年延ばすことが可能になります。ここで「可能になる」としたのは、弁護士の腕次第でより債務者に有利になるような結果になることもありますし、逆の結果もあり得るのです。そういう意味では弁護士選びは大事になることがわかるでしょう。

二つ目は個人再生です。この方法は、裁判所を通して行われますので、複数の債務がある場合には特定の債務だけ減らすことはできずにすべての債務を減らすことになります。減額される額ですが、具体的な数字でいえば現在の債務の5分の1程度まで減らすことが可能です。しかも、その債務を3年から5年に掛けて返済する約束を債権者との間にすることができるのです。

3つ目は、自己破産です。自己破産は、上記の任意整理や個人再生と違い完全に債務を消滅させる方法になります。この裏を返せば、債権者はその債務者から債権を回収することができなくなるということです(連帯保証人がいればそこから回収することが可能)。債務者にとっては一見有利に感じますが、一定期間は資格を有する職業に就くことはできなくなるという制限があることも忘れてはいけません。

ギャンブルと借金と債務整理の関係について専門的な視点で解説

借金をしている場合、これは気を付けなければならない事が沢山在るといえます。それは、債権者との関係において、債務者である金銭の借り入れ利用者の信用が脅かされかねないということです。借金をするという事ですが、これは非常に重大な法律行為となっています。債権者ですが、債権回収をするために取り立てをしたり督促をする場合、債権者が消費者金融業者等であるときで貸金業に関する法令等で登録を得ている場合は強めの取立て行為等は好ましくないとされています。

債務が履行できなくなってしまった場合、債務者は法的整理をせざるを得なくなる事が在ります。法的整理ですが、自己破産が典型的となります。また、債務整理をした場合、債権者の申し出によって信用情報機関に債務者の情報がブラックリストに載る事になるといいます。自己破産といった法的整理であれば当然とされており、特に自己破産となれば、通信の秘密の制限や旅行等をする場合は必ず裁判所に連絡をしなければならなくなります。社会的な信用は無いものとみなされるので、国家資格の受験や法人等の役員になる事は一切できなくなります。

債務整理ですが、当事者間の話し合いによる任意整理の場合は信用情報機関等のブラックリスト等に債務者の情報が載る事は無さそうです。債務整理をしなければならなくなる場合を想定し、借金をする場合は事前に貸付をする人と相談し合って決定することはマナーでありルールとなっています。借金の要因はほとんどギャンブルではないかと考えています。パチンコ、パチスロ、競馬、これら確率的に勝てないのにやってしまって、負けてしまってからでは取り戻すことはできません。一度負けると腹が立ってきて、またやってしまうわけですが、いつまで経っても勝つのは難しそうです。もちろん、一時的には勝つことはあります。

お金がなくなるまでやってしまうから、お金が0になったら借りて、それをまたギャンブルに費やして0になるの繰り返しです。あげく多重債務に陥り、返済不能になり、司法書士に依頼するなどして、債務整理もしくは自己破産するほかなくなります。

ギャンブルに使ったお金を政務整理、自己破産できるのかどうか不明ですが、一度相談してみて、可能なかぎり借金をなくすようにしていかなければ、どうあっても返すのが困難なケースがあります。収入の範囲を大幅に超えてしまうと生活に支障をきたして、たちゆかなくなってしまうわけだから、放っておかずに対処するのが賢明です。

債務整理で借金を減らすことが出来る場合があります

債務整理とは膨らんでしまった借金を減らすことが出来る方法です。日本では借金に対する金利が定められています。しかしそれを守らずにお金を貸し出している業者が少なくありません。そうなってくると、借金が膨らんでしまい、返済不可能となってしまうことがあります。

実際に借金の返済が不可能になった場合は泣き寝入りをする必要はなく、債務整理を行うことでこれを回避することが出来るのです。過払い金を請求することも出来ます。しかし、自分自身でそれを行うことは出来ません。法律に関する専門的な知識が必要となるからです。

そうなので、弁護士に仕事を依頼する必要があります。弁護士に相談をして業者と交渉をしてもらうことになります。それによって過払い金が返還されることがあります。

また、最終手段として自己破産があります。これは借金が帳消しになる方法です。財産の保有に関して規制がかかることになります。ですが、借金を苦にして生活をしていくよりは良い方法と言えます。

実際にはこのような方が債務整理を体験されています。

 

友人の結婚式に呼ばれたのですが、手持ちのお金が全く無く、ご祝儀代を払うことが出来ないので、仕方なくキャッシングをすることにしました。

友人は、私が20歳代ではじめた飲食店の経営が良い時しか知らないために、飲食店をたたんだ今現在の自分は見せたくないので、つまらない見栄を張るために、ご祝儀は10万円も出すことにしました。

飲食店をやっていた頃の借金が500万円ほど残っていましたが、仕事には就いていましたので、キャッシングの契約をするのは大丈夫でした。

キャッシングで10万円だけを借りる予定でしたが、人間というのは、たくさん借りられるとなると欲が出るもので、上限が50万円の設定だったので、50万円を借りて、40万円は競馬などのギャンブルであっという間に消えてしまいました。

50万円の借金がさらにのこってしまいましたが、もともとの借金の返済もあって、給料の大半は返済に持っていかれました。

自由に使えるお金もないですし、お酒もタバコも一切できなくなりました。

食事も制約が出て、質素な食事にせざるを得ませんでした。

返済をして、また借入限度額に余裕が出来ると、借りてしまい、ギャンブルに興じることがありました。

そんな日々が続いて、一向に借金が減らなかったことに嫌気が差して、やっとギャンブルから足を洗い、なんとか借金を減らすことが出来ています。

お金が無いのは本当に苦しく、キャッシングは計画的に借りないと大変なことになると、心の底から思いました。

このように債務整理は人生を変える事もできるのです。

 

 

自己破産はこんな感じで裁判所や弁護士とのやり取りが進められる

25年前に一度自己破産の免責を受けて、そのブラックリストの登録を受けて、制限を課せられた後、暫くしてから新情報機関の機能が少しづつ回復して又再び、信用が回復して又、再びクレジットカードが作れるようになりました。その結果、又、普通の生活として一般人と同じような消費生活が送れると思い今度は、節度あるクレジット生活を送ろうと胸に秘め毎日を過ごしておりました。ところが、ある日突然私は病魔にとらわれ、後遺症によりこの病気を発症した時の職場から解雇となり、収入はいきなり大激減しました。(この時点でクレジット返済や生活費の充当に困難が発生し、自分の収入だけでは足りなく、家族の収入も協力が必要になりました。しかし、家族にもいじめやリストラ等で収入が激減していよいよ毎月の生活費が足りなくなり、足りない部分はカードローンのキャッシングで毎月の補填に充当していました。もう、ご想像がつくと思いますが、この現象により、毎月の借金が増えてそのリスクは毎月のように増え続きました。もう私は今年で55歳になりますが、60歳定年後は、借金の返済目途はありません。この時に考えたのが「60歳までの借金の片付け」です。すでに自己破産をして失敗しているにもかかわらず、又しても失敗するとは借金に関しての認識の甘さというか人生のやりくりの下手くそさに後悔の念と罪深さをただひたすら反省する毎日です。これが悩みに感じたのは、今から2年前に思い切って、弁護士事務所に門を叩きました。(この時の弁護士の先生は状況をよく調査してくださり、私が今後返済できる計画を綿密な交渉にて実現して頂きました。その結果、毎月の返済を出来る限界設定で支払えるような内容で結論づけてもらえました。おかげで毎晩ぐっすり眠れるようになりました。ただし、借金はできなくなりましたので細かいやりくりを考えて派手な生活は一切行わなくなりました。すべて弁護士の先生の力だと思い感謝しています。(債権者は合計6社ありましたが、交渉に半年間かかりましたがすべて円満に解決致しました。)